株式会社ペットワールドコーポレイション

千葉 動物病院 ペットホテル トリミング ドッグカフェ

関口の漏電・放電
前のページに戻る。
2004.10.06
年末準備
もう2004年の10月である。そろそろ『年末』を意識してもおかしくない時期だ。犬と生活していると時間が短く感じる飼い主さん、長く感じる飼い主さんといろいろなんだろうけど、俺は短く感じている。この調子で自分が歳をとってると思うとゾッとしてしまう。しかし、犬はその約5.5倍の早さで歳をとっていくのだから、想像したくない歳のとり方である。今回は犬のためにする『年末準備』を紹介したい。

『猫の手も借りたい』なんて言葉があるけど、年末ほどその言葉をよく耳にすることはない。仕事もそうだけど大掃除、買出し、バーゲンなんかもあるし犬にかまってる暇が本当に少ないのだ。いつもと違う飼い主さんの雰囲気に犬は我慢してストレスになる子もいるし、アレルギーで『ハウスダスト』に反応する子はもっと厄介でもある。特に今年生まれた仔達は人間が1番忙しく?なるのを初めて経験するんだから興奮したり怯えたりしても仕方がないのだ。そんなことを考える暇がないかもしれないが、犬を飼ってての年末準備は結構大変なのだ。

さて、俺の年末準備はいつも悲惨である。掃除をしてる最中から犬の毛が舞って、いくら掃除機をしても毛がなくなることはない。それに、タンスをどかしたりテーブルをどかしたりして部屋が広くなるもんだから犬達は大喜びで走り回るんだ。それを怒鳴り散らしながら掃除なんかできるはずがないよね。そんな地獄の1日が29日30日と続き大晦日は犬達を今度は洗うのだ。気の遠くなる作業が朝から続いて除夜の鐘がなる頃にはヘトヘトなわけ。早め早めに犬達のために準備しようと思っても後になっちゃうんだよね。このパターンは悪い例で、皆にはもっと余裕を持って犬達を落ち着かせて余裕をもって終わらせてあげてほしい。

年末準備のコツは、犬のことだけはどんなに忙しくても手抜きをしないことなんだけど、人間が忙しい時に寝てる犬の世話なんて後回しになっちゃうもんだ。そこで簡単なのは犬がリラックスできる『環境』を作ってから人間の仕事をするといい。掃除の邪魔にならない音楽やアロマなんかはやっぱり犬のために一役かってくれるのだ。

後は犬部屋を最後に掃除するのもコツでせっかく綺麗にした犬部屋を汚して仕事を増やしてくれるのもやっぱり犬で、本当の『犬の仕事』をやってくれる。一息つこうと犬部屋にチビ達を呼びにいってドアを開けた瞬間「あれ?」って思うんだけど、再度確認でドアを開けて確かめたときに、汚してくれた惨劇を見ると頭がクラクラしてくるよ、本当にさ!これは俺からのチョッとしたアドバイスだから参考にね。マジで犬部屋は最後に。

今日の犬になった気持ち

    「僕は5年間だけ続けて除夜の鐘を鳴らしに行ったことがある」

皆もこれは調べてみるといい。最近は犬を連れてお寺や神社に行けるところも増えた。もう10年も前の話だけど、吾郎を連れて除夜の鐘を鳴らしに行ったことがあるんだ。さすがに珍しかったみたいで住職に「犬とですか?」なんて聞かれたし、周りにいた順番待ちの人にも「なんで?」とよく訊かれたんだよね。5年間しか続かなかったのはいろんな理由があるんだけど、年末の疲れがやっと気持ちよく感じる瞬間だった。犬の仕事をせずに年末くらいはゆっくりしたい気もするけど、大勢の犬に囲まれて新年を迎えるのもチョッとしたもんだ。今年も盛大に年末だ!

前のページに戻る。